一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

惜しいと思ったこと。

某1000円カットチェーンの○○HOUSEだけど、今回の5%から8%の「3%の増税」にはついに耐えきれなくなり、1080円となったよう。張り紙がしてありました。紙幣1枚でOKだったのに、面倒だなぁ。
それより気になったのが、1080円という新価格の決定プロセス。どんな議論があってこうなったのかわからないのだけど、

・3月まで:1000円(税込み。税抜き価格 952円)
・4月から:1000円(税抜き)

増税とは別に、48円の値上げであります。
これまでも散髪なら4000円くらいだよね、みたいな感覚だった人にとっては、50円弱の値上げなんて全然OK! じゃないんですかね。デフレ脱却のためには、むしろデフレの先陣を切っていた某HOUSEが値上げというのは歓迎すべきコトかとも思えます。

解せないのは、「どーせ値上げだったら、1100円にしてしまえば」ということ。1枚+1コイン。これはとても楽ちんです。もーね、1100円払って20円おつりもらうだの、1000円と50円と10円と10円と10円とを払うだの、面倒極まりないと。

   ☆

一件便乗値上げに見えるこの方法も、「合理的な理由」が認められるなら、まぁOKよ、と政府も言っている。1080円という値段が、どうしても「便乗値上げ」に見えてしまう数字なのが、もったいないという感想です。

でもまぁ、これもまた「PR的」には仕方ないのかもしれません。
続きを読む >>

ここ数週間の悩みは「頭痛」だ。
「頭痛の種」などというコトバがあるが、その種が頭の中に植わってるのだ。
原因がわかれば対処のしようもあると思うのだが、なかなかわからない。
何度かいろんな医者に見てもらったが、

・脳は異常なし
・頸が悪い
・精神的なもの(ストレス)

などなど、ハッキリとしない。
結果として精密検査を受けるべきだとか、突然倒れるんじゃないかだとか、両親にも心配をかけている日々。

朝起きてすぐに痛むときもあれば、起きた直後は問題なく、9時くらいから一日中痛い日、夕方から寝るときにかけて、そして布団に入っても痛みで眠れないときなど、様々なパターンがある。

ここまで、できるだけ鎮痛剤は使わないできたが、もう限界ということで、今後は緩和する方向にどんどんクスリを使う予定。
頭痛薬にはいくつか種類があるそうで、

・アスピリン(バファリン)
・イブプロフェン(イブ、ナロンエース)
・ロキソプロフェン(ロキソニンS)
・イソプロピルアンチピリン(セデス)

などがあり、まぁ、アスピリンで効けばそれでOK。
効かなければロキソニン、量も増やしてジャンキーに。
そのうち肝臓がやられるとのこと。注意しなければならないのだが……

昔の人の平均寿命はこんなに長くなかったそう。
(病死より事故死、他殺が多かったらしいけどね。)
長く生きる分、痛みと闘う時間も長くなったということだ。

文明の発達でできたおつりのような今の時間を、どんな風に使っていこうか、どう過ごしたいのか、ボーッと遠くを見ながら考えたりする。
残酷なものだ。

このすさまじくけだるい感はなんだ!?
改めて、脳と心は同じところにあり別のものだと云ふことがよくわかる。
大丈夫だと思っていたのになぁ……まぁ、大丈夫にしていかないと。

脳は励まし、心は動かない。
思考はコントロールできるが、深層心理の制御は難しい。
力が入らなかったり、震えたり、うすら涙が出たり、下痢をしたり。

あぁ、やっぱり原因ってのはあるんだなぁ。
頭で考えるよりも、ちょっとだけ難しいんだなぁ。

怖い。
怖い。
怖い。

何が、っていうのではなく、漠然と。
漠然とした不安みたいな高尚なものじゃなく、わからない状態が恐ろしい。


全く不思議だ。

俺は何をしたいんだ?
俺は何をやってるんだ??

相変わらず決められない。

考えること=決めること

決められないってことは、考えていないってことなんだ。
答えがあるにしろ、ないにしろ。

一度、青森に帰らねばならない。
腹をくくるってどうすればいいの?

マックを青森に送り返した。
受け取ろうと思ったら、青森に行かねばならぬ。

こちらでのあまりにも安穏とした生活に浸ってしまい、復帰できないような気がしてならない。
危機感すらなくなっている。
どうにでもなれと思っている。
できれば完全にどうにかなってしまいたい。
後戻りの可能性すら失うほどに。

どうしてこうなったか。
たぶん、支えきれなくなって本当に全て壊したくなったんだろうな。
「命は大切だ」なんてことは頭では理解していても、実は自分なんて消えてなくなっても構わない、そう考えている同世代って少なくないと思っている。

今すぐに決断すれば、「恐怖」「痛み」「罪悪感」のない死が提供されるとしたら。
しかもチャンスは今回限り。

……そう迫ったら、ある程度のまとまりがそれを選択すると思う。

「命は大切だ」

わかっている。

あれから2年が経ちました。
私はあまり真剣に考えてこなかったのでしょう。
私には語るべきコトバはないようです。

   ☆

朝から吉本ばななや向田邦子や群ようこの文庫を読み散らかしておりました。
昼過ぎからは、東日本大震災関連のテレビを見ながら、「あの日何をしていたかな?」などと思い返しておりました。

あまりにも長い時間揺れたため、また、揺れも大きかったため、距離はそう遠くない(千葉や茨城くらい?)が震源がかなり深いんじゃないか、なんて考えて「津波の心配はない」なんて脳天気に信じていました。
が、閖上が飲み込まれてしまう映像をワンセグで見て、改めて事態の深刻さを知ったという具合。
もし、被災地にいたら、完全に逃げ遅れていたことでしょう。

これが平和ボケってヤツなんだな、と、帰宅難民が発生している最中、ボーッとしておりました。

今朝は目覚めからと手も温かく、「関東はもう夏か」という陽気。
青森では暴風雪で、「イヤになる」という季節らしいのですが、私はうっかり、その他意見からも逃れてしまったようです。残念で申し訳ない気持ちで一杯になるわけです。

朝から締め付けられるような軽い頭痛があり、穏やかに過ごそうと思っていたところ、これが徐々に強まってきて、横になったりうつぶせになったりブリッジしたり(頸が痛いのも関係しているのかと思って)、いろいろもだえて一日過ごしました。
二日続けてロキソニン、ってのもなんなので、半分だけやさしい鎮痛剤を使って寝てました。

前兆もなく頭が痛くなる、繰り返し襲ってくる。これってなんなんですか?
サインバルタの摂取タイミングがずれたからですか?
小さい活字を読んでいるからですか??
大丈夫なんですかね、俺。

   ☆

社会復帰で一番重要なのは、自身の意志なのでしょう。
自分が「ダメかもしれない」と思っているうちは、おそらくダメです。
些細な理由すら、挫折する十分な理由にしてしまいます。
今の自分は、たぶん、ダメな方だと思います。


人生の岐路です。
休暇を延長するなら、退職した方がいいと思っています。

世間では本日は「サンキューの日」ということで、八百万の神々含め、周囲の人々、道ばたに生える名もなき花やその肥やしになるだろう、心ない飼い主が黙殺した犬の糞まで、全てに感謝することを良しとする日であるそうです。
本当ですか。
穏やかな晴れの一日でした。
晴れすぎて暑く、青森スタイルでお外に出かけた私にとっては、汗をかくような一日でした。
そんな中、青森は暴風雪だったとのこと。申し訳ない気持ちで一杯です。

このままの生活を続けてしまうと、おそらく社会復帰困難だろうと思います。
なので、病気休暇は1ヶ月以内に留めるよう努力して、何とか出社……


……とか考えていると、なんでかわからないんですが頭痛がしてくるからからだって不思議ですね。
ロキソニン60mgでも目の奥が痛いわ。
頸を低周波治療器でマッサージしたところ、ちょっとよくなったと思いましたが、やっぱりダメですね。

どうなっていくんでしょう。
なるようにしかならない、といった軽い気持ちが大事なんだと思います。

サンキュー。

本日も穏やかな晴れの一日でした。
遠くの山が霞んで見えるのは、花粉のせいなのか、春の水分の多い空気のせいなのでしょうか。
ちょっと鼻水が出たくらいでも、花粉症を疑ってしまう。

さて。
母親と病院に行くついでにブックオフなどに行く。
屋根裏部屋の片付けのひとつの区切りとして。
それでもまだまだ、本の箱が残る。なぜ捨てられない!?

   ☆

病院では、青森の病院への連携の書類を書いてもらった。
さらに休みが続いたら、たぶん、自分はもう、復帰できないと思う。
そんな焦りがある。
一方で、前の仕事だって、新入社員の仕事だって、満足にできないだろうなぁ……という、不安も大きい。
どうすればいいんだろう。


わからないから、ボーッとしていたら、やっぱり日向で寝ていた。
考えているように見せかけて、何も考えていない。
最低。

朝から晴れ。
ただし、著しく雲が多い……というか、モヤッとしている。
このモヤモヤも、境界線がハッキリしていると「雲だ!」とわかるんだが、朝はあまりわからないものだ。

早起きもできるようになってきた。
早く寝ているからだろう。

   ☆

10時になると、とても良い天気。
青空は確かに「晴れ」の空。ただし、透明度は高くない。
散歩した方がいいらしい。
こんな日は散歩が捗る。
厚着をしていたので、うっすら汗をかくほどの日射し。

   ☆

母も父も働き者なのに、どうしてこんなに怠け者の子どもができてしまったのか。
怠けるだけではなく、足を引っ張るのだからどうしようもない。
これでも親は、子どもを放棄できない。

会社も同様か。
働かないだけではなく、働く人の足を引っ張っている。
情けない。

メールに気付き、なんと返事をしようか考えているうちに、夜になってしまった。
この頭の回転と決断の遅さが、今の自分も、これからの自分も、ますます追い詰めることになるのだろう。

ダメなんだろうなぁ、人間的に。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR