一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

装幀デザイナーの善し悪しで、本が売れたり売れなかったりする。
装幀デザイナーの善し悪しで、読み終わっても手放したくなくなることがある。
自宅のスペースの都合、電子書籍比率が高まってきてはいるのだが、どうしても気に入っている本は「紙」として持っておきたい、となる。
では、気に入るとはどういうことか。内容自体に価値があるのであれば、それは電子媒体で全く構わない。紙媒体の方が使いやすいものもある。例えば、自宅の辞書とか。これを持ち歩こうとした場合、重量から考えても、電子書籍の方が使い勝手が良い。そういう観点。
そして最後はやっぱり、「オブジェクト」としての書籍の美しさだ。本にこれが備わっていることで、もはや物理的な処分というものの心理的ハードルはとても大きくなってしまう。
世の中には、何万部も印刷された、同じオブジェクトがあるわけで、手元にある本は希少価値のあるものではないと思う。が、それでも。手触りを含めて、この本がここに並んでいることがとても嬉しく感じてしまうのだ。


ちなみに、ビブロフィリア(愛書家)とビブリオマニア(猟書家)は異なるらしい。ビブリオマニアは、社会生活もしくは当人の健康に悪影響を及ぼすらしい。

本でゴミ屋敷を作りあげ、生活できなくなったら、きっと病気と判断されるのだろう。
つまり私はこう言いたいのだ。

イシャはどこだ。

と。


  • -
  • 23:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://juns.jugem.jp/trackback/390

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR