映画の日だったので、映画版の「君に届け」を見てきた。
主演は多部未華子(爽子)と三浦春馬(風早)。
アニメが、なんとなく良かったのでね。

君に届け 9月25日(土)全国東宝系公開

映画なんて見なければ良かったなぁ。
日テレのロゴが出てきた時点(いや、一番最初の一番最初)で嫌な感じはしていましたが。
まぁ、アニメ版が人気あったので、作りました〜みたいな感じですね。頭使ってるか〜い?

多部未華子は、演技は相当難しかったんじゃなかろうかと。しかしまぁ、目力はありますな。いわゆる「怖い顔」というのは、客観的にはおかしく見えてしまう。しかしまぁ、よくもまあの表現を演技できたと。拍手したい。
三浦春馬は、「さわやかでできている」ってそのもので良いのだが、アニメ版ほどの不器用さがないというか。もう少し、不器用な感じが欲しいのだが……それって、どうしたらいいんですかね。サラッとしすぎているのですよ、サラッと。
ちずとあやねは、さりげない脇役でいいんじゃないか? しかしなぁ、胡桃沢だ。胡桃沢は、他を圧倒しているほどかわいくなければいけないはず。スクリーンテストしたんですかね? モデルでかわいいと、スクリーン的にかわいいというのは、結構違うと思うのですよ。いや、ここで多部未華子より透き通る役だとおかしくなってしまうので、このレベルのキャスティングにしたのか? スクリーン的には、蓮佛美沙子の方がキレイに見えるわけ。それってどかと。お肌か? 色白か?
青山ハルという若者の演技は、良いぞ。やっぱり、無口である。無口、ぶっきらぼう、ちゃらちゃらしていない。そういう役柄をこなせる若者がいるというのは救われる。これは将来が楽しみな俳優さんですな。

……とかとか。いろいろと引き込まれない要素が満載で、貴重な代休をどうしてくれる!

さて。
「君に届け」ってのはさ、やっぱり、言葉を使わず、届かない中でフラフラしているレベルがいいと思う。
使うのは、胡桃沢とかそういう周りの人物だけでいいような。2時間という時間は、それくらいの期間。
テーマは何だっけ? 君に届け? 言葉にしちゃったら、一瞬じゃん!
初詣が作品の最後のシーンなら、なおさら。ゆっくり、ゆっくり、じわじわと伝わっていくという想い。それが、この作品のポイントだったはず……

つーか、予定調和的な終わり方にがっくり。つきあって、つきあいたい、そんな終わり方じゃねー。

「好きと言うより、もっと大切な……」

そこをどう見せるか、だろう。
「あなたが好き」とか、そういうので伝わるなら、最初から言えばいいんだ、このやろー!


……アニメ見直すわ、と。

  • -
  • 20:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR